活動報告

視察・研修

台風10号の被害状況と9月議会の予定

玉名地域振興局管内におけまして、9月6日に設置されました「災害警戒本部」は、9月7日13時33分、暴風警報解除により解かれました。

9月6日22時30分時点では玉名地域振興局管内57カ所(玉名市13カ所)に避難所が設置され、避難者は5,430人(玉名市2,268人)と多くの方が避難されましたが、9月8日14時の時点で、避難者はゼロとなりました。

また、人的被害や住家被害の報告はありませんでした。農林関係では、ナシやクリの一部落果があり、玉名市内では、ナスやオクラの茎葉損傷、水稲の倒状が報告されています。

そのほか、新川漁港において浮き桟橋の破損や和水町道の平野大田黒線の通行止めもありましたが、9月7日14時時点で通行止めは解除されました。

九州電力によると、9月7日7時時点で玉名市内2,730戸、荒尾市300戸、玉東町100戸、南関町70戸、長洲町10戸が停電となり、懸命な復旧作業が行われ、管内の停電はすべて解消されました。

9月7日(月)は、朝から玉名市内を視察し、台風後の状況を確認してまわりました。横島では、影響を受けた農家の話を聞くことができました。

熊本県議会は、9月11日から10月8日まで28日間、定例会が開かれます。主なスケジュールは以下の通りです。

9月11日(金) 開会、議案上程、知事説明
9月18日(金) 代表質問
9月23日(水) 代表質問、一般質問
9月24日(木)・25日(金)一般質問
9月28日(月)・29日(火)一般質問
10月1日(木) 高速交通ネットワーク整備推進特別委員会
10月5日(月) 経済環境常任委員会
10月8日(木) 委員長報告、議決、閉会

9月の補正予算額は、コロナへの対応や7月豪雨への対応を含めて「877億円」です。熊本県も大事な時期を迎えており、コロナや豪雨災害への対応をしっかりと進めつつ、地域経済や県民生活の回復に向け、引き続き、情熱を注いで参ります!

PAGE TOP